女の愛人を作るには!愛人探し・愛人の見つけ方・募集の方法

女の愛人を作るには!愛人探し・愛人の見つけ方・募集の方法について書いていきます。

ひとつの方法として、女性が投稿している女性用の愛人募集掲示板をチェックするという方法があります。
⇒で紹介されているようなサイトです。 愛人募集掲示板 女性用

こういったサイトで、女性が愛人男性に何を求めているかを把握することはとても重要ですよね。
経済的な条件だったり、男性の肩書だったり性格や安心材料など。愛人契約には不安がつきものですから、そういった不安を解消できるようにアピールしましょう。

これは10年近く前である、私とパパの出逢いについて。
私は高卒でそのまま就職した会社で、同期であり親友が出来た。
その親友とは仕事帰り、土日、いつも一緒にいても飽きないくらいの大の仲良し。いつのもように話していると、高校の男友達と、従兄と一緒に遊ぶからおいでよ!と言う流れになり、彼氏と別れたばかりの私は断る理由もなく二つ返事で了解した。

当日、元カレが初彼で恋愛経験も乏しい私は妙に緊張していた。男友達だってそんなにいないのに、どんな格好したらいいんだろう、どんな話ししたらいいんだろう。そんな事はぐるぐる考えながら迎えの車は到着した。
おはよっ!親友が後ろの席から迎えいれてくれて、私は頭を下げながら車に乗った。
今日はよろしくお願いします、と男子組みの顔を見ると見知った顔が一人。あっ、と声に出かかったのを一生懸命飲み込んだ。

彼は…親友の従兄は、幼なじみの高校時代の憧れであり私の苦手な人だった。
よろしく!セカンドバックが似合う風貌の、愛想のよい返事が戻ってきた。
これがパパである(笑)
その日パパの運転で四人でアウトレットや、カラオケやラーメンを食べに行ったりした。
ゲーセンでは記念にプリクラを撮ろう!ということになった。取り終わって落書きの時間になった途端に外に連れ出された。
その頃の私が苦手だったパパだった。何故苦手かって?
もちろん怖いから(笑)

幼なじみは野球をやってる姿と優しいところにメロメロだったけど、私には彼女と長続きしない、喧嘩っぱやい、セカンドバックを抱えたヤンキーにしか見えなかった。学校は違えども、野球部のマネージャーの友達から悪い噂はばっかり耳に入っていた。
そんな彼が何の用?!と怖々構えていると。携帯を差し出された。
連絡先教えて!と一言。
意外過ぎて驚いた。
あ、うん。彼氏もいないし、断る理由はない。誰か紹介してもらえたらいいな、なんて甘い考えもあった。
ここから毎日連絡来るようになるとは考えもしてなかった。

その日を終え翌日、長時間の運転をしてもらった彼にお礼のメールを送った。本当にそれだけで終わるつもりだだ。
しかし、向こうは違う模様。
誕生日に、好きなタイプに、全力投球の直球で口説きがきた。
あ、気に入ってくれたから連絡先を聞いてきたんだ。彼に怖い印象を抱いていたので少しホッとしてしまった。
毎日来る連絡にどんどん慣れてきて、彼の人柄も知っていった。
少し直球すぎて熱すぎる…
結婚したら君が好きな大型犬を飼おう!
いえ、ゆくゆくは結婚しましたが、まだ付き合ってもいないから。

クールに返事を返す私にもめげず、毎日少しずれた口説き文句を言ってきてくれる彼に今では感謝しなきゃいけないかな。
強面風貌で、セカンドバック抱えて歩いてる熱いパパ。
高校の時の悪い噂の詳細が明らかになったのは付き合ってすぐの事。
彼女と長続きしないのは何故かフラレるから。
うん、そうだよな、こんなに見た目頼れそうなのにどちらかと言うと甘えたい方。理想と現実は違うわね。
喧嘩っぱやい、と言われたのは私の学校の教諭がチンピラ風貌のパパ達一団を見てゴミ共と言ってしまった。それに対して熱いパパは絡む、周りの生徒ドン引き、パパ叱られる。
もちろんこんな暑苦しい人なので、恋愛期間も問題は沢山あった。

でも、出逢いから恋愛期間を経て、今は二児のパパ。
昔よりはすごく落ち着いたかな。
たまに店で順番を守れない老人を叱り飛ばしたり、車で煽られると降りて文句を言いに言ったり、暑苦しさと不器用さと天然はまだ健在だけど、彼なりに家族を大切にしてくれます。
鬼嫁から、たまにはありがとうと伝えたい。